『親愛なる僕へ殺意をこめて)』3巻のネタバレ感想「 拉致されたエイジと京花二人の運命は?」

佐井に拉致されてしまうエイジと京花。

 

山奥の沼に連れてこられ拷問を受けますが何とか逃げ出すことに成功。

 

でも再び捕まってしまいますが、エイジを救ったのはGSP。

 

そしてエイジの向かった先は?

 

『親愛なる僕へ殺意をこめて(3巻)』の<あらすじ>

 

佐井たちSKALLが襲うのは、エイジの家族かそれとも京花か・・?

 

焦るエイジでしたが、眠気が限界を迎えます。

 

ここで人格が入れ替わる訳にはいかないエイジは、腕に鍵を突き刺し痛みでどうにかしのぎます。

 

しかし結局佐井に拉致されてしまうエイジと京花。

山奥の沼に連れてこられたエイジはスカフィズムという拷問を受けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし拘束を自ら解き、エイジを救う京花。

 

一度は逃げ切れるかと思った二人でしたが、佐井の執念は深くエイジは再び捕まってしまいます。

 

ベルトで首を絞められ、もうダメかと思われたその時、山奥にも関わらず警察が現れます。

 

なんとエイジは腕の傷口にGPSを隠し、真明寺に居場所を知らせていたのです。

そして佐井は現行犯逮捕されるのでした。

そして京花に二重人格について話すエイジ。

京花の答えは、一緒にB一の正体を探ろう!といったものでした。

 

それからまた五日間、エイジの記憶は飛び、その間に京花はB一の動向を探ります。

 

普段はエイジのふりをして生活しているB一でしたが、京花がすべて知っていると話すと、B一の様子は一変し「もう俺に関わるな」と告げるのでした。

そんな中、自分の過去と向き合う決心をしたエイジは、解離性同一症の治療を受けに心療内科へ。

 

しかしその病院へはB一が先に来ていたようです。

 

そしてなんと患者の口から「キョウカちゃんは一緒じゃないの?」という言葉が飛び出すのでした。

 

「カラダ探し(1巻)」のあらすじと感想!読者も体感するような恐怖とは?

 

『親愛なる僕へ殺意をこめて(3巻)』の<感想>

 

「親愛なる僕へ殺意をこめて」佐井はLLに心酔しきっているヤバい男

 

一方的にエイジから別れを告げられていた京花でしたが、佐井に狙われるという形で再び登場です。

しかしこの佐井という男、「次に俺がアイサツしに行くのは・・君の家族か恋人どっちでしょ~か?」という言い方で、エイジにどちらを守るか選ばせる嫌なやり口をしてきます。

 

そして結局両方襲うという・・。

 

そしてエイジが取引の道具として持ち出したSDカードにも興味を示さず、「君を殺すためなら他のことはどうだっていいんだよ」と告げます。

 

しかもその理由が、SKALLを裏切った報復ではなく、LLの息子でありながら“俺のLL”を汚す存在だからだ・・と。

 

完全に頭がおかしいです。

もう少し理性的な人間かと思っていましたが、LLに心酔しきっているヤバい男でした。

 

そしてエイジは裸で沼に浮いたボートに乗せられ「スカフィズム」という拷問を受けます。

身体にたっぷりとはちみつを塗り込まれ、大量のはちみつと牛乳を飲まされます。

 

するとそのうちにボートは下痢で満たされ、甘い匂いと汚物に引き寄せられた昆虫や寄生虫が体に群がり、卵を産み付け肉を貪る。

 

運が良ければ敗血症か脱水症状で死ぬが、運が悪ければ2週間以上苦しんで死ぬというもの。

 

なかなかの拷問ですが、京花が助けに入ることにより未遂に終わります。

少しだけ見てみたかった・・。

 

その後佐井に反撃に遭いますが、エイジが腕に埋め込んでいたGPSのおかげで、間一髪のところで警察が来て助かります。

見つからない場所に隠すためとはいえ、腕にGPSを埋め込むなんてクレイジーですね。

 

「ガンニバル」無料試し読み食人文化は本当に実在したのか?

 

「親愛なる僕へ殺意をこめて」京花は天使それとも……?

 

そしてとうとうエイジは全てを京花に伝えます。

 

そして京花はこれを受け入れ、B一の正体を探れ作戦!を逆にエイジに提案してきました。

 

なんと健気で可愛い子なんでしょう。

 

彼氏が二重人格で、もう一人の人格が危ない奴かもしれなかったら距離を置くのが普通でしょう。

 

佐井も逮捕され、つかの間の平穏を手にした・・かに思われたエイジでしたが、そうはいきません。

自分の過去と向き合うために心療内科を訪れたエイジでしたが、その病院にはすでにB一も受診にきていました。

 

B一も二重人格に悩んでいた・・?

エイジと同じように過去と向き合おうとしていた・・?

 

ちょっとB一のキャラクターからは想像ができません。

 

しかもB一の付き添いで京花も病院へ来ていた・・!?パニックです。

あの京花が、エイジに黙ってB一と動いていたのか?

患者の言うことで信憑性は低いかもしれませんが、もしそうであればこれまでの京花はすべて演技だったということになります。

 

そうであって欲しくない・・。一体、何が真実なのでしょうか!?

 

「親愛なる僕へ殺意をこめて」は、まんが王国で、無料試し読みが出来るので、まずは無料で読んでみてくださいね。

 

サイト内で「親愛なる僕へ殺意をこめて」を検索するとすぐに読めますよ。

 

まんが王国はこちら>>

 

*本文中の画像は『親愛なる僕へ殺意をこめて』とは無関係です。

 

『親愛なる僕へ殺意をこめて』4巻ネタバレと感想 「京花の驚きの正体とは・・?」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です